2021年01月08日

沖縄にも寒波襲来

DSCN4954.jpg

 昨日(1月7日)、沖縄本島の最北端・奥は7.3度と県内の今季最低気温を記録し、今日(8日)は那覇市内で最低気温10度、最高気温11度が予想され、沖縄としてはかなり寒い日になりそうだ。寒波襲来である。

 全国的に新型コロナの感染が急速に広がっていることと強烈な寒波が下りてきていることとは関係するのかもしれない。政府は昨日、ようやく緊急事態宣言を出したが、これだけ対策が遅れているのは寒さと乾燥による感染拡大を甘くみていたことの表れだろう。沖縄は他県に比べれば気温も高く乾燥も弱いせいか、新規感染者数の爆発的な増加傾向は見られないが、5日が53人、6日が72人、7日が66人とじわじわと増え、沖縄の人口規模からすれば多いことには変わりない。
 
posted by テツロー at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

三線から三味線へ

DSC_0027.jpg

 2020年の年末、沖縄のテレビ局では興味深い地方局制作の番組が放映された。琉球処分によって王国が解体され日本に併合される沖縄を舞台にした「琉球史劇 首里城明渡し」、米軍統治下時代の司法をめぐる住民らの闘いを描いた「サンマ・デモクラシー」、沖縄の三線が本土に伝わり青森で三味線へ変わる姿を追った「津軽のキセキ〜津軽三味線・軌跡と奇跡〜」(青森テレビ開局50周年特別番組)などである。

 個人的には三線を弾く関係で、特に「津軽のキセキ」にひかれるところがあった。沖縄で生まれた三線が大阪に渡って、北前船に乗って福井に伝わり、さらにそこから青森に届くまでに、気候や風土、人々の気質に影響され、奏法や楽器そのものが変貌する姿が映し出されている。

posted by テツロー at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

人通りが減った那覇市街地

DSCN4929.jpg

 12月25日に発表された沖縄県内の新型コロナ新規感染者数は41人だった。増加傾向ではないが、減る兆しもなく県内は高止まり状態が続く。2カ月ほど前は、直近1週間10万人当たりの新規感染者数は全国トップだが、今は15位である。全国的に感染が広まったために沖縄が目立たなくなったということだろう。「GO TO TRAVEL」が一時停止になったせいもあり、一時は戻りかけた観光客の姿も再び消えているようだ。国際通り周辺を歩いても人の流れは少なく、繁華街ににぎわいの見られない年の瀬である。
 
posted by テツロー at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする