2019年09月14日

批判のない内閣改造報道

普天間基地 002.jpg

 9月11日に第4次安倍内閣が発足したが、内閣改造をめぐる報道で焦点が当てられたのは、小泉進次郎氏が環境相になったとか、有名ダンサーの友人が初入閣したとか、雑談の小ネタにはなっても国民生活にはどうでもいい話題ばかりである。

 かつては、短期で交代するため、大臣といっても官僚の言いなりでしかないとか、頻繁に行われる内閣改造をメディアがよく批判したが、今回はそんな批判の気配もない。「加計問題」も一時期はかなり取り上げられたが、あの時疑惑の渦中に置かれた人物が文科相に就任したにもかかわらず、今回はほとんど触れられない。

 沖縄担当相の引き継ぎで、新旧大臣の間で「沖縄との間に感情的なもつれがある」という発言があった。沖縄のメディアでは取り上げられたが、大手メディアは焦点を当てただろうか。会見でこの発言の意味を問われた衛藤晟一・新沖縄相は「(国も県も)沖縄振興、基地負担軽減(という一つの方向)に向いているのに、なかなか歯車がかみあわない」と説明したという。

 沖縄戦では本土防衛のための捨て石にされ、戦後は本土の独立と引き換えに、本土より20年長い米軍支配下に置かれ、本土復帰後も40年以上、米軍基地が集中する状況が続いてきたのに、米軍普天間基地の移転先が県内の名護市辺野古になれば、永遠に米軍基地集中が続くことになりかねず反対している。政府には政府の見方があるだろうが、こうした沖縄の考えが「感情的なもつれ」だろうか。国と県の間に横たわる、断層の深さを思わずにはいられない。

posted by テツロー at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

「昔はよかった」に潜む危険

「昔はよかった」と言うけれど.jpg

 テレビ番組などで、「マナー・モラルの低下」がよくクローズアップされる。何となく日頃から「そうだろうな」と思うし、自分勝手にゴミを捨てる映像が画面に現れると、かなりの説得力を持つ。しかし、具体的に資料を調べたり研究したりして、実証的に過去と比較したわけではない。昔はマナー・モラルについて厳しく躾けられたというイメージが浸透しているだけ。過去に理想を求める考えには慎重でなければならない。大倉幸宏著『「昔はよかった」と言うけれど ―戦前のマナー・モラルから考える―』(新評論 2013年)を読んでそう思った。

 著者は、戦前の新聞や著作物からマナーやモラルの関する部分を調べ、当時の実態を描こうとする。列車への割り込み乗車、車内でのゴミ捨てや宴会騒ぎ、横行する無賃乗車、ゴミ捨て場と化した道路・河川や公園、輸送荷物からの抜き取り、犬猫の死肉販売…。現代日本では考えられず、どこか途上国のような行いの数々である。

 こうした実例を挙げながら、現代の方の方が、明らかにマナー・モラルが向上していると断定するとともに、著者は最後に、道徳教育のあり方に疑問を投げかける。戦前には、道徳が教科として教えられていたにもかかわらず、かなりひどい状態。今、安倍内閣のもとで再び道徳を教科にしてもマナー・モラルの向上に効果があるのか。いつ、なぜ日本人のマナー・モラルが崩れたかは議論の余地があると思うが、道徳の教科化についてはまったく同感である。

posted by テツロー at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

米軍ヘリ窓落下も他人事

那覇市上空の米軍ヘリ 003.jpg

 米軍普天間基地所属のCH53E大型輸送ヘリが8月27日、沖縄本島東海岸沖で重さ約1キロの窓を落下させたが、地元紙によれば、日本政府は、被害がないことを理由に米軍に飛行自粛を求めない方針だそうだ。県や関係自治体への連絡は発生から2日後という、相変わらずのスローペースだったにもかかわらず、政府は本気で怒っている気配がない。CH53Eは2017年にも、普天間第二小学校に窓を落下させている。

 窓の落下のような事故は、被害を招く場所では起こさず、被害を招かない場所だから起こすという調整がきくものでない。たまたま被害が起きなかったことは明らかだ。2018年1月、内閣府副大臣が衆議院本会議中、普天間基地所属の米軍ヘリの不時着をめぐる質問中、「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばして辞職したが、政府全体の認識は似たようなものだと改めて感じた。遠い沖縄で起きたことなんて、まったく他人事であり、死傷者の出ていない事故であまり騒ぐなとでも言いたげ。国民を守るためでなく米軍を守るための政府と思いたくなる。
posted by テツロー at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする