2018年06月17日

橋から飛び込む奥武島ハーリー

奥武島ハーリー 032.jpg

前日の強風と暴雨がうそのように晴れあがった6月17日。旧暦の5月4日にあたるこの日、南城市・奥武島で開かれたハーリー(爬龍船競漕)をのぞいた。奥武島は御願ハーリーだけでも7つあり、しかも橋から海中へ漕ぎ手が飛び降りて船に乗ったり、船を一度転覆させてから再度乗ったりするなど独特の競い方をする。年齢層別に参加するハーリーもあり、島の男たちが幅広く参加。糸満や那覇の爬龍船競漕のようにぴっしりした衣装がないことで、ぼのぼのとした運動会的な雰囲気が漂う。ハーリーの鐘の音が梅雨明けを知らせるといわれるが、穏やかな海辺で一日過ごすと、長い雨空に滅入りがちだった気分をだいぶ解きほぐしてくれる。他の写真をこちらのページを(http://www.okinawatanken.ecnet.jp/)。
 
posted by テツロー at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

グアテマラの火山噴火を考える

教会.jpg

中米・グアテマラで6月3日、首都グアテマラ・シティの南西35キロにあるフエゴ火山が爆発的な噴火を起こし100人が死亡、200人が行方不明となるニュースがわが国にも伝えられた。同国は南北アメリカでも最も貧しい国の1つといわれ、国民の半分以上が貧困層である。長年、植民地支配が続けられ、独立後も左派勢力の排除を狙った米国の介入もあって内戦が長期化し国土が疲弊したともいわれる。

同国は火山や地震による自然災害が多いことで知られる。首都は最初、アンティグア・グアテマラに置かれていたが、1773年の大地震によって甚大な被害を受け、現在のグアテマラ・シティに移された。今回、大噴火を引き起こしたフエゴ火山も2015年から活動が活発化し、42回の噴火がこれまでに確認されている。貧困が災害を大きくした可能性も十分考えられる。

グアテマラといえば20年以上前に訪れたことがあるが、マヤ文明における最大の都市遺跡「ティカル」や、スペイン植民地時代は中米で最も華やかな街と呼ばれたアンティグア・グアテマラなど多くの文化遺産に恵まれる。街中には色鮮やかな民族衣装を着た女性が行き交うなど、歴史の厚みと活気のある暮らしが印象に残った。

グアテマラの他の写真は次のホームページに掲載(http://www.okinawatanken.ecnet.jp/
posted by テツロー at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

訓練空域と化した那覇市上空

那覇市上空の戦闘機 007.jpg

 初の米朝首脳会談に向けて、世界的に緊張緩和ムードが流れているが、那覇市上空を見る限りは、軍用機の往来が以前に増して激しくなっている。記事に添付した写真は6月7日から8日にかけて、那覇市の人口密集地域から300ミリ望遠レンズで撮影したもの。このくらいの大きさで写るほど低空で飛行している。これは珍しいことではなく、近年頻繁に起きている。

 7日夜には、午後11時近くにオスプレイと思われる独特の飛行音が響き渡った。沖縄本島の人口密集地域が訓練空域と化したと言っていいだろう。東京に7年間住んでいたが、このくらいの高度を米軍機が飛ぶのを見たことがない。同じように飛んでいたら大問題になるはず。沖縄だからできるのだろう。
posted by テツロー at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする