2020年08月31日

台風9号接近の沖縄と自民党総裁選

DSCN4831.jpg

 8月31日から沖縄では旧盆に入るが、もともと新型コロナ感染で行事らしい行事ができない上、強烈な台風9号が接近しているとあってお盆どころではないという雰囲気。毎年積み上げてきた季節感がぐちゃぐちゃになっている。これだけでも頭の中がモヤモヤするが、ようやくコロナ一辺倒に固まっていた社会の空気が緩んできたかと思ったら、今度は安倍首相の辞任に伴う新たなドタバタ政治劇が始まった。メディアから伝え聞くだけだが、あれだけ批判されたはずの派閥政治が大手をふってゾンビのように復活してくるらしい。派閥の親分たちが密室で話しあって次の総理を選ぶ。メディアも競馬予想のように永田町の勝利者を予測することに躍起である。なんとも気が重くなる日が続きそうだ。
posted by テツロー at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

沖縄にとっての安倍政権

自民党総裁選沖縄遊説 014.jpg

 長期にわたって政権の座にあった安倍首相が8月28日、退陣を表明したが、沖縄から見ると、米国への依存が深まった7年8カ月だった。異論や反発の多い政策にはあまり踏み込まず、経済政策など成果を大きく見せるのはうまかったのかもしれない。国民の空気を読むことがうまく、政権を続けること自体が目的化していたような雰囲気もある。

 そんな中、数少ない例外は、集団的自衛権を認める安保法制と辺野古基地建設の強行だろう。安保法制については大がかりな反対デモが起き、辺野古基地建設に関しては反対派が国政選挙や知事選が相次いで当選し、県民の意志が表明されたにもかかわらず、安倍政権は押し通した。しかし、この点でも政権を大きく揺るがすことにはならないと読み切っていたのかもしれない。米国の軍事力に頼り国の安全を保つという現在のシステムを、それに伴う痛みを引き受けてきた沖縄など一部の地域を除けば、多くの国民が暗黙のうちに支持していることの表れだろう。(写真は2012年9月自民党総裁選の全国遊説で沖縄を訪れた安倍氏や石破氏)
posted by テツロー at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

米軍機訓練とコロナ感染

DSC_0033.jpg

 2,3日前、那覇市内にある自宅の真上近くを結構な低空で戦闘機が通り過ぎていった。コロナ感染に世間の注目が集中している機会にという訳ではないだろうが、だんだん米軍機の低空飛行が増えているような気がする。8月22日付の地元紙によれば、日米防止協定で制限されているはずの深夜早朝(午後10時〜午前6時)の飛行が頻繁に繰り返されているという。普天間飛行場で8月17日から5日連続で午後10時過ぎに軍用ヘリやオスプレイの飛行が確認され、名護市内では7月19日から1カ月の間に午後10時以降の航空機騒音(63デシベル以上)が26回測定されている。
posted by テツロー at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする