2018年03月18日

地域ごとに違う清明祭

門中清明お墓展.jpg

「門中 清明 お墓展」が3月16日から28日まで那覇市歴史博物館で開催され、これにちなんで18日には同館で、沖縄国際大学総合文化学部非常勤講師の稲福政斉氏が清明祭について講演した。同氏の講演で一番印象的だったのは、清明祭に地域差があることだった。清明祭といえば、親戚一同がお墓の前で飲食をともにする風景を思い浮かべていたが、同氏によれば、これは那覇市など沖縄でも一部地域に限られている。糸満市など本島南部では、清明祭には縁のある墓をいくつも回らなければならないから、墓にはお供えをするだけで、家族で食事をするのは墓とは別に公園など景色のよい場所。八重山や宮古など先島では、お墓の前で食事をするが、清明祭ではなく旧暦の1月16日、あの世の正月といわれる16日祭であるという。
posted by テツロー at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: