2018年03月24日

日常化する軍用機騒音

001.jpg

報道によれば、嘉手納町では2017年度の騒音などに関する苦情が1000件を超え、前年度の4倍に達しているという。米軍嘉手納基地では、もともと駐留する軍用機に加え、外来機が増えていることが原因とみられる。
 確かに、那覇でも戦闘機と思われる航空機の騒音が増加していることを感じる。上空の飛行が頻繁になっただけでなく、一度に編隊を組む戦闘機の数も増えた気がする。以前は飛ばなかった区域を飛行し低空飛行が多くなっているという指摘がある。沖縄市や嘉手納町など地元自治体は米軍や防衛局に抗議しているが、「訓練は必要」の一点張りで住民に配慮する気配はない。
 大音量にさらされる住民は馴れることはできないが、マスコミや本土に住む人々は地元に米軍機が来ないかぎり、騒音について取り上げることはなっている。かつては騒音問題に大手メディアが焦点を当てることもあったが、今は特段珍しいニュースではなく、完全に「日常化」している。普天間基地の辺野古移設についても同じことがいえるだろう。
数年前までは反対運動を盛んに記事やニュースにしたが、最近はほとんどメディアの話題にならない。これは、辺野古移設を進める行政側の狙いどおりだろう。長期化することによって、反対運動が「日常化」し、本土の関心が薄れる。おまけに、行政側は給料をもらいながら進められ交代要員もいるが、反対運動は自腹であり、長期化するほど経済的にも体力的にも疲弊せざるを得ない。
posted by テツロー at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: