2018年06月17日

橋から飛び込む奥武島ハーリー

奥武島ハーリー 032.jpg

前日の強風と暴雨がうそのように晴れあがった6月17日。旧暦の5月4日にあたるこの日、南城市・奥武島で開かれたハーリー(爬龍船競漕)をのぞいた。奥武島は御願ハーリーだけでも7つあり、しかも橋から海中へ漕ぎ手が飛び降りて船に乗ったり、船を一度転覆させてから再度乗ったりするなど独特の競い方をする。年齢層別に参加するハーリーもあり、島の男たちが幅広く参加。糸満や那覇の爬龍船競漕のようにぴっしりした衣装がないことで、ぼのぼのとした運動会的な雰囲気が漂う。ハーリーの鐘の音が梅雨明けを知らせるといわれるが、穏やかな海辺で一日過ごすと、長い雨空に滅入りがちだった気分をだいぶ解きほぐしてくれる。他の写真をこちらのページを(http://www.okinawatanken.ecnet.jp/)。
 
posted by テツロー at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: