2018年07月30日

宜野湾市大山区の大綱引き

宜野湾市大山区の大綱引き 030.jpg

 宜野湾市の大山小学校グラウンドで7月29日、大山区の大綱引きが行われた。沖縄では雌綱と雄綱の二つの綱を繋ぎ合わせて引き合うが、大山区の大綱は繋ぎ合わせる先端部分「カナキ」が円環状になっている点が特徴的である。

 前村渠(めーんだかり)と後村渠(くしんだかり)の二チームに分かれて引くが、本番前の「ガーエー」では、それぞれのチームを象徴する旗頭「和気満堂」と「協力一致」が舞を披露し、高さと力強さを競う。旗頭はそれぞれ長さ6メートル、重さ30キロある。続く「アギエー」では、二つのチームが六尺棒でカナキを高く掲げてぶつけあう。本番では、二つの綱がカナキ棒でつながれた後、引き合う。

大綱引きのほかの写真はこちらのホームページへ(http://www.okinawatanken.ecnet.jp/
posted by テツロー at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: