2018年10月30日

メリハリのきいた獅子の動き

第33回全島獅子舞フェスティバル 021.jpg

 10月28日夕方から、うるま市の安慶名闘牛場で「第33回全島獅子舞フェスティバル」を見た。玉城(南城市)、宮平(南風原町)、勝連南風原(うるま市)、天願(同)、田場(同)という5地域の獅子舞と勝連南風原のウスデーク(うるま市)が披露された。全島獅子舞フェスに来るのは久しぶりだが、獅子舞の魅力は「静」と「動」、威厳あふれる王と激しい野獣の動きが混在し、メリハリがきいているところと改めて思った。

 寝そべって、ゆっくりと腹や背中を波打たせるシーンから始まる獅子舞もある。徐々に動きを速め、頭や体を大きくひねったり、雄叫びをあげるかのごとくのけぞったりする。体を低く構えスフィンクスのように腹を地面につけて頭をあげ、顔をゆっくり動かして辺りをうかがうかと思えば、寝返りをうつように体を左右に回転させる。クライマックスが近くなると、時にはすくっと2本足で立ち上がる。2人1組で演技しているから、獅子の中では1人がもう1人を肩車するのだろうが、そうした作業を感じさせない、滑らかな動きである。

 沖縄の獅子舞で特徴的なのは、獅子を刺激する役目の演者がいることだろう。男性または男の子が、毬(まり)のついた紐を振り獅子を興奮させることが多いが、この日上演した宮平の獅子舞は初めて目にするパターンだった。獅子の登場前に露払い的な意味を込めて棒術の演舞が行われることは珍しくないが、宮平の獅子舞では、棒術の使い手と獅子が組み合って格闘する。この後、さらに毬つきの紐を持った2人の少女が獅子の前で踊る。これも初めて見たパターンである。獅子が想像上の象徴的な存在であるというより、直接対峙しかかわかのような生々しい存在であることを思わせる演目だった。
posted by テツロー at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: