2018年11月24日

ネコブームと大阪万博

DSCN4165.jpg

 昨日(11月23日)、首里の路地裏を歩いていたら、2匹のネコと出会った。体の模様が似ていて、互いの距離が非常に近いところから親子やきょうだいなのかもしれない。こちらへの警戒心をもちながらも、ゆったりと2匹のペースで過ごす。典型的な飼いネコではないが、人間とはつかず離れずの関係を保つ。近年はネコブームといわれるが、身の丈に合った成熟社会に向かおうとする空気が投影されているのかもしれない。

 もちろん、誰しもネコが好きなわけではなく、ネコに自分の理想像を重ね合わせるわけではない。分かっていたつもりだが、いまだにでっかい打ち上げ花火をあげて、大量の資金を投入して大型イベントを開きたがる人がいまだに結構、日本にいることを改めて思い知った。今朝(11月24日)の、2025年の大阪万博決定のニュースである。

 報道によれば、建設費は1250億円であり、国、大阪府・市、経済界が3等分で負担する。2800万人の入場者を見込み、人件費など事業運営費820億円のうち9割を入場料収入で賄う計画。万博開催による経済効果は1.9兆円と試算しているという。2020年の東京五輪の例で分かるように、たいてい大型事業の経費は膨らんでしまう。入場者数だってどれだけの根拠があるのだろう。1970年の大阪万博のように、経済が上り調子でありながら大型イベントが少ない時代ならともかく、低成長期に入る一方、さまざまなイベントが各地で繰り広げる現代日本において、万博がどれだけ人を引きつけるか疑問符がつく。

 こうした空気は世界的だろう。今回の2025年万博に立候補したのも、日本以外では、ウクライナ問題などで国際的に複雑な立場にあるロシアと、オイルマネーが豊富なアゼルバイジャンだけ。どこかキナ臭さを感じる。フランス・パリも立候補したが、途中で辞退した。

 2025年の大阪万博は決まったから、やるしかないのだろうが、大幅の赤字を出し負の遺産にならないことを期待したい。その意味ではマスコミをはじめ良識ある人々の監視が大きな役割を果たすだろう。ただ、最近のマスコミは、新幹線の開通報道に象徴されるように、イベント主催者と一緒にはしゃいで、本当に後世の負担にならないか事後検証があまり見られないのが気になる。
posted by テツロー at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: