2019年06月16日

沖縄・軽便鉄道の残像1

DSCN4362.jpg

 鉄道は乗って楽しむ人もいれば、列車のデザインに関心を持つ人もいるが、私は2本のレールに心ひかれる。実際に運行されている路線のレールよりも、使われなくなり錆びたレールを好む。重厚で非日常的な存在感を放つレールが風雨や時間の流れにさらされ朽ちていく姿は独特の美しさがある。

 現在、沖縄には鉄軌道はないが、戦前、沖縄県営鉄道が沖縄本島中南部を結んでいた。通常の軌道に比べ狭いことから、軽便鉄道と呼ばれた。1914年に開通し、沖縄戦で破壊され、その後は復興されることはなかった。戦後は鋼材不足の影響もあり、レールや車両も大半がスクラップとなったが、一部鉄道の跡を見ることができる。

 バスターミナルから東へ数百メートル離れた壷川東公園には、軽便鉄道のレールが残る。そのレールの上には、南大東島でサトウキビを運搬していた機関車が乗るが、目がいくのは2本のレールである。ほとんど手入れされていないだろう、一部は泥に埋もれ、雑草に覆われている。
posted by テツロー at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: