2019年06月29日

首里への坂を上るチンチン電車

DSCN4295a.jpg

 2本のレールが伸びる光景はもう、それだけでときめきだ。しかも、頻繁に車が行き交う街中にあれば、さらにときめきは増す。だから、路面電車が走る街は、自分にとって格別魅力的である。街中の道路に2本のレールが埋め込まれている風景は何か無性にうれしくなり、自動車の間をゆったり路面電車が走る雰囲気も好きだ。

 こうした路面電車の風景も、かつては沖縄・那覇でもみられた。那覇の港を出発して、首里の丘をのぼる6.9キロを結んだ。「沖縄電気軌道」と呼ばれ、1両編成のチンチン電車が走っていた(写真は、那覇市歴史博物館のジオラマ)。1914年に開通したが、1933年には廃線となった。30年足らずで姿を消した。平行してバスなどが走りはじめると、そちらに乗客を奪われてしまったらしい。

 以後、那覇市内の公共交通としてライトレールを建設する案もあったが、結局、モノレールが選ばれ、市内で路面電が復活することはなかった。廃線から80年以上が経ち、戦前の路面電車をしのばせる跡はほとんど残っていない。わずかに、首里への旧道沿いにある茶湯崎橋跡の説明板に、路面電車の記述や路線図があるばかりだ。
posted by テツロー at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: