2019年07月07日

琉球王国の道を復元

DSCN4390.jpg

 今年、女官たちが取り仕切った首里城の裏世界「御内原」地域が復元、オープン、県内外のメディアに紹介され話題になったが、ほかにも今年復元されたエリアがある。守礼門から首里城の入り口・歓会門の間に設けられた真珠道の門である。那覇港まで約10キロをつないだ道「真珠道(まだまみち)」の首里城側の起点にあたる。

 門の周りに説明板のようなものはないが、「真珠道」は長い歴史を誇る。倭寇が現れた場合、素早く那覇の港へ首里の軍勢を派遣するのを一番の目的として、16世紀ごろ石畳道が整備されたといわれる。現在、石畳道を目にできるのは「金城町の石畳道」とよばれる240メートルほど。戦災の影響が大きいだろうが、貴重な文化遺産として認識されず戦後の開発によって失われた面もあったようだ。石の建造物は時間を経れば経るほど、その重みが外観に宿る。石畳道は人の往来によって丸みを帯びた石が並び味わい深い。首里周辺には、ほかには石の壁をめぐらす井戸がいくつもある。
posted by テツロー at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: