2019年09月28日

8年ぶりに沖縄の観光客減

上空から見た琉球列島 011.jpg

 沖縄の観光産業にとって今や政治が、最大の阻害要因になっているのかもしれない。9月27日付の地元紙によれば、8月の観光客数は前年同月比1.6%(1万6700人)減少の102万人。8年ぶりに前年同月を下回った。日韓関係の悪化に伴って韓国からの観光客が44%(1万8500人)減少したことが響いたようだ。

 国と国の関係だから、考え方や意見の相違があるのは仕方ないにしても、政治がすぐに経済へ影響を及ぼしてしまう構図は両国にとって不利益なだけ。韓国以外の近隣諸国を見渡しても、中国やロシアなど潜在的には政治的な対立をかかえた国ばかり。韓国と同じように、経済を含め全面的な関係悪化の恐れは十分にある。米国とばかり仲良くして、近隣諸国と緊張関係を常に含んでいては、日本に武器を売りたがっているトランプ大統領の思うつぼではないだろうか。
posted by テツロー at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: