2020年08月22日

米軍機訓練とコロナ感染

DSC_0033.jpg

 2,3日前、那覇市内にある自宅の真上近くを結構な低空で戦闘機が通り過ぎていった。コロナ感染に世間の注目が集中している機会にという訳ではないだろうが、だんだん米軍機の低空飛行が増えているような気がする。8月22日付の地元紙によれば、日米防止協定で制限されているはずの深夜早朝(午後10時〜午前6時)の飛行が頻繁に繰り返されているという。普天間飛行場で8月17日から5日連続で午後10時過ぎに軍用ヘリやオスプレイの飛行が確認され、名護市内では7月19日から1カ月の間に午後10時以降の航空機騒音(63デシベル以上)が26回測定されている。
posted by テツロー at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: