2019年05月26日

どこに行ったハコモノ行政批判

DSC_0026.jpg

 久しぶりに沖縄市泡瀬の埋め立て工事現場の横を通った。埋め立て工事は2002年に始められ、10年ほど前に目にした時に比べ進んではいるのは確かだが、ようやく土台部分という雰囲気であり、とても完成間近とは呼べない。2009年、埋め立て事業について「経済的合理性がない」として県と沖縄市に対して福岡高裁から公金差し止めを命じる判決が下り確定すると、1年後、沖縄市側は事業内容をリゾート・観光拠点からスポーツコンベンション拠点に変更し事業を継続している。

 リゾート施設でもスポーツ施設でも、沖縄の目玉である美しい海を埋め立ててまで新たに建設する必要かあるかどうか疑問が浮かぶ。スポーツ施設に関してみれば、すでに県内各地でプロスポーツ選手の要求を満たせる立派な施設が各地に建設され誘致合戦が繰り広げられており、これから参戦するにはそれなりの戦略が求められるはずだ。

 しかし、2010年に発表された計画は、多目的ドームやサッカー場、テニスコートなど従来の施設に比べ目新しさはなく、リゾート・観光で裁判所から差し止めをくらったから、とにかく目先を変えたという印象をぬぐえない。行政側も、そのあたりのことを感じているから事業がなかなか進まないのではと勘繰りたくなる。

 それ以上に最近、気になるのが、日本社会全体として2008年の民主党政権誕生前後にあれほど盛り上がったハコモノ行政・公共工事批判が、大手メディアからあまり聞かれなくなったことだ。批判できる行政の無駄がなくなったならばよいが、とてもそうとは思えない。民主党政権時代を「悪夢」と呼ぶ安倍首相を忖度しているかどうかは断定できないが、ハコモノ行政・公共工事批判は時代遅れのファッションか民主党政権の遺物かのような扱いに貶められている気がしてならない。
posted by テツロー at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

那覇の牧志公設市場が閉館へ

DSCN4278.jpg

 薄汚れた壁、手書きの看板や値札、古びた板や段ボールに並べられた商品、つぎはぎだらけの屋根。昭和の雰囲気が残る市場界隈に引き付けられる人は少なくない。なぜだろうか。懐かしさだけではないはずだ。経済的な効率や価値とは離れ、円環を描くようにゆったりと静かに流れる時間にやすらぎを感じるからではないかと思う。

 その市場界隈の中心的な存在の第一牧志公設市場が、建て替え工事のため、あと一カ月足らずの6月16日で閉館となる。市場内の店舗の多くは7月1日から、100メートル離れたにぎわい広場の仮施設に移転し営業を始める。3年ほどかけ建て替えられる予定という。

 新しい公設市場は現在の市場になるべく近い形に設計されるといわれるが、新しく立て直すのだから、東南アジアの空気を漂わせる今の雰囲気をそのまま受け継ぐことは難しいだろう。公設市場の公式ホームページに載せられた完成予想図を見ると、かなりモダンなイメージである。
 
posted by テツロー at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

沖縄とカツオ

DSCN4243.jpg

 本部町では5月、こいのぼりの代わりにカツオのぼりが掲げられている。カツオの町をアピールするためである。沖縄はカツオとの関係が深い。

 県内では戦前、カツオ漁が盛んであり国内でもトップレベルの漁獲高を誇っていた。カツオ漁やカツオ節つくりのために、沖縄から南太平洋へ出稼ぎに向かう人々も少なくなかった。戦後はカツオの漁獲量は減少し、県内でカツオ漁が行われるのは、本部町など限られた地域だけだが、一人当たりのカツオ節の消費量は現在でもトップレベルといわれる。カツオ節は沖縄そばや様々な煮物料理のだしに使われ、チャンプルー料理にも加えられる。たっぷりのカツオ節と味噌にお湯を注ぐ「カチュー湯」は沖縄の定番料理であり、二日酔いに利くとされる。
posted by テツロー at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする