2018年06月02日

70年以上変わらない「上官命令」

最後の学徒兵.jpg

 日大アメフト部の悪質タックル事件を聞いたとき、既視感を覚えた人がいるのではないだろうか。太平洋戦争中の日本軍である。最も象徴的な事件が、上官の命令で捕虜を虐待・虐殺した日本兵が、戦後は戦犯として重い罰を科せられたケースだと思う。

 私は森口豁著『最後の学徒兵』が頭をよぎった。同書は、沖縄戦のさなか石垣島で捕虜になった米兵を、上官の命令で処刑した学徒名が戦後、戦犯として裁判にかけられ死刑に追い込まれた事件を追う。

 悪質タックルと捕虜の虐殺では罪の重さに大きなひらきがあり、スポーツ・チームと軍隊について、指揮命令系統の単純な比較はできない。当時の日本軍内における上官の命令は国家権力による強制であり、逃れることはほとんど不可能に近い一方、現代のスポーツ・チームには加入・脱退の自由があり、論理的には命令を拒む自由がある。

 にもかかわらず、悪質タックル事件ではニュースで伝えられるように、組織上の上位者による命令を拒めない状況にあった。これに多くの人が同意する。だから、タックルを実行した選手に同情が寄せられる。良心に反する命令でも受け入れざるをえない現場と、責任をあいまいにする組織指導部。戦後70年以上経っても変わらない精神風土が日本社会に根を張っていると思えて仕方ない。
posted by テツロー at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

埋め立ての進む辺野古沖

辺野古工事 067.jpg

久しぶりに名護市辺野古の米軍新基地建設現場をのぞいた。2年ほど前は、辺野古漁港側から見ると、沖合に調査用の台船が浮かび、新基地予定地に沿ってフロートを囲むだけで、具体的な構築物はなかった。ところが、今回は、コンクリートの護岸がキャンプシュワブから沖合に向かって伸び、ダンプカーの行き来やクレーンによる埋め立て作業がはっきりと目にできる。基地建設が着実に進んできることが実感される。(ほかの写真はhttp://www.okinawatanken.ecnet.jp/

 安部政権の打たれ強さのせいだろう。公文書改ざんや国有地の大幅値引きなど、これまでの内閣ならば退陣に追い込まれかねない問題やスキャンダルが起きても、屋台骨が揺らぐ気配がない。強引な手法をとろうが、ウソやごまかしがみつかろうが批判をつっぱねられる。さまざまな要因が考えられるだろう。

民主党政権の転落以降、野党は分裂を繰り返し安倍政権を脅かす存在になりえない。アジアを見渡せば、政治的にも経済的にも中国の存在感が年々増幅し、北朝鮮の核脅威への不安がとめどなく膨張。日本のナショナリズムがマグマのように吹き出る。細かいことをごちゃごちゃ言わず、外の敵に対抗するしかない。こうした時代のリーダーシップをとるのは、安倍政権以外に妥当な存在が見当たらない。そんな空気が社会に漂う。しかも、高齢化社会・人口減少社会への転落がさらに将来への不安をあおる。少数者や弱者に気を配る余裕もなくなる。
posted by テツロー at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牧志駅前広場のホウオウボク

那覇市牧志駅前のホウオウボク 004.jpg

 伝説の鳥「鳳凰」を連想させることから名付けられたホウオボク。花のつきがよい年と悪い年があるように思えるが、今年は当たり年ではないだろうか。県内各地で鮮やかな花を咲かせている。那覇市内では、モノレール牧志駅前広場のホウオウボクがひときわ目立つ。
posted by テツロー at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする