2018年09月08日

駐留米軍の脅威が台風だった時代

本日台風接近 004.jpg

 9月4日に関西地方で猛威を振るった台風21号の記憶がまだ生々しいうちに、7日に北海道で最大震度7を記録し道内全域が停電するなど災害続きの日本列島。ここ数年、台風の進路が変わっているのか、沖縄本島への接近が減っているようにみえるが、かつては旧日本軍に対して圧倒的な戦力を誇り沖縄占領を始めた米軍に、大きな衝撃を与えた時代もあった。弊社発行の『いかに「基地の島」はつくられたか』に次のような記述がある。

 「沖縄駐留のアメリカ軍にとって脅威となったのは台風だった。駐留最初の年である1945(昭和20)年の10月9日、大型台風が沖縄本島を襲った。
「道路はすっかり洗い流され、船や浮桟橋はいたるところで陸上や砂浜に打ちあげられ、あるいは船と船とが衝突したり、岩に突きあたって大破したり、座礁したり、倉庫も兵舎もめちゃめちゃにたたきつけられ、飛行場や飛行機も多大の損害を被った」(仲宗根源和著『琉球から沖縄へ』P135)。海軍では死者27人、負傷者200人余り、陸軍でも100人余りの負傷者を出した。アメリカ軍に与えた衝撃は大きく、当時の沖縄基地司令官は「決定した南西諸島将兵の駐屯軍3万3000人を残して全軍引き揚げる」と発表した(★1)。

 さらに、1948(昭和23)年から1949(昭和24)年にかけても強力な台風の直撃を受けた。特に1949(昭和24)年7月に襲来した台風「グロリア」によって、陸軍はコンセット(かまぼこ)型兵舎の25%と住居の50%を失い、空軍は嘉手納基地にある保管庫数個とコントロールタワーを破壊された。50人近い軍人と住民が命を失い、200人が重傷を負った。約200万ドルの輸入食料が、1948(昭和23)年から1949(昭和24)年にかけて3度の台風襲来によって無に帰した(★2)。

★1:沖縄タイムス社『沖縄年鑑 1959年』P206
★2:『沖縄県史 資料編14 琉球列島の軍政1945−1950 現代2(和訳編)』P75」

本書の詳細は(http://www.okinawatanken.ecnet.jp/)へ
posted by テツロー at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

スコール化する沖縄の雨と「日本万歳」番組

突然降り出した那覇の雨 010.jpg

 今日から9月に入ったが、沖縄の暑さは変わりないようだ。気になるのが最近の雨の降り方。前日の天気予報では、雨マークがなかったにもかかわらず、当日になると、強い雨に突然襲われる。ほぼ連日である。

 今日(9月1日)も、前日の天気予報に雨はなかったが、午前中から強い雨と何度も遭遇。短時間で晴れ間も見えるから熱帯のスコールのようだ。午後5時前から降り出した雨は、写真のようにかなり激しかった。降る場所もかなり局所的かもしれない。午前中に首里金城町を歩いてかなり降られたが、昼前に那覇中心街に戻ると、雨が降った形跡がまったくない。今の時期、沖縄に来られる方は、雨の天気予報がなくても、朝晴れていても傘を用意しておいた方が安心だろう。

 それと、最近やはり気になるのがテレビにおける「日本万歳」番組の多さだ。一部政治家が「愛国教育」を声高に叫ぶのと同じ動きに思えてならない。確かに、日本文化のよいところや、日本人が過去に残した偉業を伝えること自体、悪くはないが、日本文化の悪い点や過去の歴史の過ちから目を背けていれば、「愛国心」の暴走を招きかねず心配である。己の欠点や歴史の失敗に目を向けなくなったとき、傲慢さがどんどん増幅していき、他国との軋轢を力と勇ましさで解決しようとしかねない。

posted by テツロー at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

薄れゆくお盆の感触

ウークイの公設市場周辺 005.jpg

 今日8月25日はお盆の最終日、ウークイ。台湾付近にある熱帯低気圧の影響だろうか、サッーと雨が降ったかと思えば、雲が割れて青空と太陽が顔を出し、しばらくすると、雲が空を覆いサッーと降り出す。熱帯のスコールのような天気を繰り返している。沖縄の天気も熱帯化しているのだろうか。

 沖縄も那覇の中心街だけを見ると、ふだんとほとんど変わらない。明るくディスプレイされた土産物店や飲食店はいつもどおりに開店し、観光客が途切れることなく行き交う。昔ながらの店の中には、旧盆ゆえに店を閉めることを告げる張り紙がぽつりぽつりとあるが、独特の空気感はない。

 子供のころ、お盆が近づくにつれて独特の空気が漂い次第に濃くなるのを感じた。霊魂のようなものが集まってきているという感覚だったと思う。しかし、近年はそうした空気を感じることはほとんどない。1年をのっぺり真っ平らにして、途切れることなく同じサービスを提供し続けるという方向に社会が動いている。効率と便利さを求めれば、仕方ないのかもしれない。

 このまま日本はどこへ向かっていくのだろうか。新しい年中行事や祭りをつくり出す動きもある。その典型がハロウィーンだろう。普段とは違う自分に変身し日常を引っくり返す。地域共同体や宗教的意味合い、歴史の積み重ねは求めず、同じ感覚や趣味を持つグループが集まり、それぞれの年中行事や祭りを築くしかないのだろうか。
posted by テツロー at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする